結婚式のエンドロール

最近結婚式のラストにエンドロールを流すのが主流になっています。内容はその日の結婚式の模様を最後に編集して流すというサプライズを含めたものが人気のようです。エンドロールで結婚式でよかったシーンを振り返ることで、涙をもう一度誘いよい結婚式だったなと客観的に思うことができるという効果があります。結婚式に当日出席できなかった友人からのメッセージや学生時代にお世話になった恩師のメッセージを流したりすることでサプライズ性を高めたりすることも可能です。エンドロールは自分で構成を考えることもできるので、個性的な結婚式の演出をしやすい場面でもあります。結婚式を挙げる予定の方は一度検討してもいいと思います。最近流行りなので、式場で提案があったり、プランナーからおすすめされるので興味のある方は相談をしてみるといいでしょう。

結婚式のエンドロール

私自身は独身ですが、この年齢になると多くの結婚式に出席してきました。やはり晴れの門出を迎えたカップルを見ていると、こちらまで幸せな気分になるものです。また、結婚式は以前に比べると趣向を凝らしたものが多くなりました。着ぐるみをまとったゆるキャラが来場したり、若手お笑い芸人が出演したりと様々です。そんな中増えてきたのが、映画のシーンさながらのVTRです。エンドロールには出席者の名前が流れて、本当に感動的な演出になっているのです。結婚式はもちろん本人が主役ですが、周りの人への感謝は忘れてはなりません。会場が一体になった盛り上がりは、幸せな気分をより一層高めてくれるものです。エンドロールに自分の名前を見付けるだけで、出席した価値があるというものです。私は独身なのですが、結婚をした暁には楽しい演出をしたいと考えています。

思い出に残るエンドロール

最近は、結婚式と一口に言っても結婚される2人の思いが詰まった個性的なものが増えてきましたね。特に披露宴では、参列された親族や友人への新郎新婦からの日頃の感謝を伝える内容も多くみられます。例えば、列席された方の席ひとつひとつにお二人からのメッセージカードが用意されていたり、ご披露宴の最後のエンドロールに列席者全員の名前とこれまたメッセージが添えてあったり、ひとり一人への感謝のことばが伝わる工夫が多くみられます。感謝のことばって、普段はなかなか伝えることができないこともありますよね。結婚式のような晴れの場で、改めて気持ちを伝える場を用意しているというのは、ステキなことだと思います。エンドロールで、自分向けの言葉が用意されていると、「ああ、来てよかったな」と最後に改めて思うことができ、思い出に残る結婚式になると思います。