ウェディングドレス選びは楽しい

「一生で何着のウェディングドレスを着ましたか?」と言われれば、『一着』というのが普通です。
でも私は、三十着以上のドレスを着ました。
モデルでも何でもないですし、何度も結婚式をしたわけでもありません。
もちろん結婚式は一度きり。
その一度の結婚式で実際に着たウェディングドレスも、もちろん一着だけです。
でもなぜそんなに着られたかと言えば、事前のウェディングドレス選びで、何度もドレス店に脚を運んだからです。
しかも新郎とだけでなく、母や友達と一緒に行ったのです。
ドレス店にはあまりにたくさんのウェディングドレスがあります。
どんな女性も美しく見せてくれる「Aライン型」のドレスや、若い花嫁さんの可愛らしさが映える「ふんわり型」のドレス、スレンダーな人や落ち着いた雰囲気の女性に人気の「スレンダー系」ドレス……。
デザインも個性的なものから古典的なドレス、色も純白とオフホワイトなど、組み合わせは無限大です。
膨大な量のウェディングドレスが、花嫁を飾るべく、ズラッと並べられ、まるでカーテンのように連なっています。
そこから「人生の晴れの一日」を飾るベスト中のベストなドレスを見つけ出すのは、実はとても大変な作業なのです。
しかも絶対に後悔したくない、という気持ちがあれば尚更です。
新郎である現在の私の主人は、特にドレスの違いがわかるような人ではなく、典型的な男の人の感性の持ち主です。
やはりドレスにもこだわりはなく、彼の前では二着ほど試着して見せて、どちらがいいか聞いても、恥ずかしそうに「うーん、こっちかなあ、好きな方でいいよ」としか言ってもらうことが出きませんでした。
もちろんそれはそれでしょうがないのですが、一生に一度のウェディングドレス、やっぱりせっかくならもっともっとノリノリで色んなドレスを着てみたい、というのも本心でした。
母と一緒に行ったときはもっとじっくり選ぶことが出きましたが、やはり世代の違いがあります。
「娘の理想の花嫁姿」を思い描く中で、『お気に入り』で、『私に似合って』いて、『インパクトがある』ベストな一着は見つかりませんでした。
一人で行ったときは、それなりに自分の好きなものを試着できましたが、『お気に入り』は選ぶことができても、『私に似合って』いるのかどうか、そこがイマイチわかりません。
コーディネーターの人はもちろん「お似合いですよ」と言ってはくれますが、言われれば言われるほど自信がなくなりました。
そこで一番楽しかったのが、中学時代からの親友と選びに行ったときでした。
彼女はノリノリで、私に似合いそうなドレスをたくさん選び出し、次から次へとウェディングドレスを着ることができました。
「こんなドレスがいいけれどもしかしたら似合わないかも」と諦めていたドレスも着ることができ、一番満足のいく一着を探し出すことも、彼女がいたからできたのです。
やはり一生に一度の思い出のウェディングドレスは、納得いくまで選びたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*